写真

 皆様、こんにちは専門紙・競輪ダービーを発行している
有限会社ダービーラインの代表をしています仲宗根です。

 本日は、第1弾としまして、ダービー社の歴史と私自身の仕事に
ついて簡単に紹介します。

 まず、ダービー社は昭和6年創刊以来、競馬・競輪・競艇の新聞発行を
していましたが、時代の流れに応じ、現在は競輪のみを発行しています。
 私自身が思う事ですが、いろいろな公営ギャンブルの中で
一番おもしろ競技だと思います。
 普通の競技(ギャンブル)は、よいドンでスタートしてゴールする
競技ですが、競輪は、残り1周半から仕掛け展開に応じた結果がでる
レースなので、予想するのが難しい競技だと感じました。

 さて、私自身の仕事ですが、記者活動以外の業務を携わっていますが、
基本的には新聞制作を中心に紙面編集、印刷業務、配送業務、販売業務
などを年中無休で新聞発行しています。
 特に、印刷機(高速輪転機)での業務は、一番気を使う仕事で、
日々、頑張っています。

 次回は、向日町競輪場での販売活動の紹介を行います。

 これからも、競輪ダービーをよろしく、お願い申し上げます。

 又、明日(9月15日)から開催される共同通信社杯(武雄)の場外販売を
 京都向日町競輪(西門)で私自身が販売しますので、お近くにお寄りの際、
 声をお掛けください。
         いい情報を持ってお待ちしております。